まさちゅ~のブログ

体重117kgからダイエットします!

【ケト4日目】カイロプラクティクスに行った話

f:id:masatyu:20190810224143j:plain

 

こんにちは。僕です。

 

今日、カイロプラクティクスに行ってきました。

その時の話や、そもそも「カイロプラクティクスって何ぞや?」って、ことを話していきたいと思います。

 

でー、カイロプラクティクス(以下、カイロ)なんですが、アメリカ生まれの民間療法で、背骨や骨盤の歪みを徒手によって矯正する治療法ということらしいです。

 

この民間療法ってのも、日本ではそうなってますが、アメリカなんかだと法制化されていて立派な専門職って扱いらしいですね。

今後、日本でも法制化されていくかもしれませんね。

 

そして、このカイロンなんですが、施術だけでチョチョッと直すというよりも、予防学的なところに力を入れているらしく、生活指導なんかもしてくれます。

(実際、指導されました)

 

まぁ、そんなカイロなんですが、なんでお世話になろうと思ったかというと、

 

肩がゴリゴリに凝っている

 

からなんですね。

 

そりゃーね、一日中PCの前で作業してるんですから、多少なりとも肩も凝りますよ。

でもね、最近のはそんなレベルを超えている気がしたし、なにより寝起きに手がシビれる事があるのです。

 

なんで、気になったので、知り合いのカイロの先生に診てもらうことになりました。

 

 

それで、診断結果ですが、まー、悪いですね。

 

肩が、並じゃないほど固くなっているらしく、なにかしらの対応をしないとマズいらしいです。(実際、手がシビれるのは相当悪くなってる証拠みたい)

 

それでアレやコレやと問診されたり、体を矯正してもらったりしたんですが、どうも、寝姿勢に問題があるようです。

具体的にいうと、布団が柔らかすぎて腰が沈んでしまってるという。

 

「あれ?

 布団って柔らかいとダメなんですか」

 

って、聞いたらダメらしいです。

柔らかいと腰が沈んでしまって、Uの字みたいなカーブが背骨に出来てしまい、腰が

歪むのだとか。

なので、今日から床で寝てみてはということでした。

 

へー。そうだったのか。

 

と、いうのが感想でしたね。

 

もっとこう、矯正とか言うと体をバキバキするのかと思ったらそんなことは無く。

矯正もわりとソフトでアッサリと終わり、どちらかというと問診に時間をかけてくれて、

 

「あ、話を聞いてくれてる」

 

って、印象が強かったですね。

 

まぁ、とういうことで、しばらく床に布団を敷いて寝てみて様子を見ることになりました。

 

ホント、30歳って体に色々とガタがきますね。

 

今日の献立

 

f:id:masatyu:20200808230256p:plain

 

f:id:masatyu:20200808230229p:plain

8月8日の献立

 

今日は外食!

 

糖質制限と言えばステーキでしょうということで、ステーキガストに行ってきました。

注文したのは熟成赤身ロースステーキの300g。

 

いつもなら、サラダバーでガッツリ野菜を食べるのですが、そんなことをしてしまうと糖質が上限に達してしまうので、コンモリと1皿分でフィニッシュ!

 

こんなに誘惑の多いなか、ドレッシングもステーキソースも使わずに塩コショウで食べたのは素晴らしい!

自分を褒めてあげたい。

 

しかし、ガストのメニューはカロリーは分かっても、栄養素が分からなかったので、これぐらいかなーというアバウトさで計算しました。

 

そして、家に帰るのが遅くなってしまったので、今日はコレだけ。

カロリーが全然足りてないけど、しょうがない。

夜遅い時に食べる方が体に悪いハズ!

 

と、いうことで今日はここまで。

 

 

とみせかけて、ちょっと待った!

 

いや、今までなんか忘れてるなーと思ってたんですが、体重を書いていませんでした

ダイエットしてるのに体重スルーとか有り得ないですよね~。ゴメンナサイ。

 

と、いうことで、スタートした初日から今日までの体重を載せておきます。

 

初日(8月4日):体重115.6kg

   8月5日 :体重113.2kg

   8月6日 :体重111.2kg

   8月7日 :体重110.4kg

本日(8月8日):体重109.8kg

 

4日間ですごい落ちたなーと見えますが、これ全部水分です。

ケトジェニックダイエットは糖質を抜くので、ダイエット初期にグリコーゲンが水分ごと抜けて体重が軽くなるようです。

 

なので、この体重下落も体中のグリコーゲンが抜けきったら終わると思うので、一喜一憂せずに続けていきたいと思います。

 

バイバイ。