まさちゅ~のブログ

体重117kgからダイエットします!

【ケト6日目】退職の話2

f:id:masatyu:20190810224143j:plain

 

こんにちは。僕です。

 

退職話の2回目です。

前回は仕事がつまらなくなったので、今後の生き方を探していたという所まで話しました。

 

そもそも僕は、ゲームスクールという学校でプログラミングを習ってまして、その後、ゲーム開発のメーカーにプログラマーとして就職して、30歳に今の職場に転職したという経歴を持ってるんです。

 

その学校でですね、僕たちにプログラミングや数学やらを教えていた講師陣はですね、ほとんどがフリーで仕事をしている人でした。

当時の僕からすれば、当時の講師陣は皆、偉大な先人でした。

なにせ、学校の教師と違い、実際にプログラマーとして働いて生計を立てているから知識と経験が深く、授業の合間の雑談でさえ面白い。

 

自分はMac派なのでとしきりにWindowsの機能をこき下ろす教師や、教師とダブルワークでやってる仕事の炎上具合を坦々と話してくる教師(何回か生々しい休講がありました)、生徒が書いたコードのバクを見つけるのがメチヤクチャ早い教師など、どの教師もすごく個性が立っていました。

 

そして、そんな講師達の内の一人がこう言っていたのを覚えてます。

 

「この業界では君たちは新人又は派遣という、業界ヒエラルキーの最底辺として入社します。

 上には案件をこなしてきたリーダーやマネージャーというベテラン社員がいますが、この業界でカースト上位はだいたいフリーです」

 

いや、話だけ覚えていて、このセリフがどういう文脈で出たセリフだったかは忘れているのですが、とにかく、当時の自分はフリーランスという最強の存在がいるということを知った衝撃が強かったです。

 

そして、今思えば、その時にある種のあこがれも持ったのかもしれません。

いつかは自分もフリーランスに、という。

 

で、話は戻ってつい最近。

 

今後の生き方を探していた僕は、IT業界にフリーランスのエージェントという会社があることを知りました。

この時、昔のあこがれがフっと顔を出し、なんだかすごく気になりだしました。

あまりにも気になったので、 エージェント会社の説明会に予約を入れて、実際に話を聞いてみることにしました。

 

と、いうことで今日はここまで。

 

今日の献立

 

f:id:masatyu:20200810235015p:plain

8月10日の献立

 

今日は写真を撮り忘れ!

 

メインの牛タンはアメリカ産のヤツ。

牛タンの栄養から逆算してサラダを作ることにしたんだけど、ドレッシングにちょっと凝ったら、脂質が思いのほかにつみあがって今日は脂質が多めかも。

 

献立には書いてないけど、香辛料とかタバスコとかを混ぜたちょっと辛めのドレッシングに、マヨネーズをお好み焼きの要領でかけるサラダ。

久々に、塩辛い以外の辛味を感じれて満足。(主にタバスコ)

 

今日の体重は109.4kg 

それでは、バイバイ。